MENU

眼精疲労の症状は?

眼精疲労,症状

当たり前のことですが、身体は全身つながっています。
つまり、パーツで独立しているわけではなく、全身の部分は互いに関連し合っていると言いたいのです。

 

足が痛くても足自身というより、循環する血液に要因があるかもしれません。
吐き気がするから胃薬・・・、肩こりがつらいから肩をもむ・・・、頭痛は頭痛薬で・・・。その場しのぎに身体のつらさを抑えていると、身体は悲鳴を上げなくなります。
自覚症状もなくなり、ある日突然に大病を宣告される・・・って怖い話ではありませんか。

 

私はあまり頭痛薬を使いません。頭痛薬は根本原因を治すのではなく、身体の異変を脳に痛みで知らせようとする道を遮断するだけだからです。
下痢も、ばい菌や毒素を体外へ出そうとする防衛反応の場合が多く、それを下痢止め薬で止めると体内にそれらをため込んで身体を一層傷め付けることになると言われます。

 

痛みを忘れれば原因を追求しようとせずに、また身体に無理を強いるでしょう。
痛みや発熱など、身体の異変を無理矢理抑えず、根本的な原因、過労や栄養の偏りなどの生活習慣を改善すべきではないでしょうか。

 

では、眼精疲労の症状は・・・?眼の疲れなら、眼がしょぼつくとか、眼の奥の痛みとか・・・・?いいえ、それだけではありません。
眼精疲労の症状は、体質によっていろいろな形で表れます。目が痛い、ぼやける、かすむ、吐き気、肩こり、頭痛まで・・・・。内科に行っても吐き気の原因の特定が難しいのは医師のせいではないでしょう。

 

眼精疲労,症状

 

胃薬を処方されるだけです。自分の身体の24時間は自分が一番知っています。
身体の不調は生活を振り返って、昨夜は眠れなかった。

 

飲み過ぎた。気を遣う会合に出席した、18時間パソコンに向かっていたなど、思い出して何が今の症状につながったのかを毎回追求していれば、その因果関係が見えてきます。
自分の第一の主治医は自分です。それがわかるまで、私も時間がかかりました。

 

しかし、いくら薬を使わない、病院へは安易に行かないと言っても、自力で眼精疲労の症状を治すのは限界があります。
第一、仕事があるのに、悠長に待ってはいられません。

 

医薬品の副作用が心配ならサプリメントで体質を改善すればいかがでしょう。
ビタミン、ミネラル、酵素、私は不足しているのではと考えられる成分をいろいろ試してみましたが、機能性表示食品のえんきんを選びました。パソコンの画面で眼を使うと肩が凝る、小さい文字が読みづらい、老眼鏡を作ろうか、でも、日によって視力が不安定だ。まだ、回復の見込みがあるんじゃないか。

 

老眼鏡を作ってしまってから目に合わなくなると作り直しが面倒だし・・・。まずはえんきんを試せば、症状の改善があるかもしれません。
まだまだ老眼鏡は先延ばしでもいいかも・・・。

 

眼精疲労,症状

 

えんきんは、今ちょうどキャンペーン中です。
お試し2週間分の金額で倍量、4週間分購入できます。

 

楽天やアマゾンなどではなく、公式サイトにまっすぐ登録すれば、特別価格の1000円で2週間分×2袋購入できます。

 

眼精疲労,症状

 

開封後も返品、交換を受け付けてくれて、無期限保証付きですから、気軽に試せます。

 

目だけでなく、吐き気、肩こり、頭痛にまで発展する眼精疲労の症状は少々休んでも治りにくく、長引けば仕事に差し支えます。
サプリメントをいろいろ試して体質に合う物を選びましょう.えんきんは、用量を守れば副作用はありません。

 

私はえんきんを飲み始めて2〜3週間で効果が見え始めましたが、1ヶ月程度は続けて確かめると自分との身体との相性がわかると思います。


ファンケルのえんきん



眼精疲労,症状