MENU

えんきんに副作用はあるの?

えんきん,副作用

えんきんは、眼精疲労、老眼の症状の始まりに悩む人に人気上昇中のサプリメントです。

 

遠景から手元に視線を移したときに起こるピントのずれを調整し、目の酷使からくる肩や首筋のコリを緩和してくれます。
人気の理由はやはり『結果を出す』からでしょうか。

 

多くのサプリメントが、「身体にいいよ」というかけ声に触発されて購入し「しかし、どこに効いているんだ」と漠然とした不安を抱えながら、高かったんだからきっと効いているに違いないと自分に言い聞かせて飲み続けるものという常識で理解されています。

 

えんきん,副作用

 

しかし、えんきんは飲み始めて2週間〜3週間ほどで、眼のピント調整がスムーズになったり、眼精疲労由来の首筋から肩にかけてのコリが緩和されたりと、スピーデイに明確に悩みから解放されます。
ですから、利用者の間で、こんなに薬のように効いて大丈夫か?えんきんに副作用は?という疑問が生まれるのも無理のないことだと言えます。

 

えんきんの成分は食品に含まれる栄養分です。規定量の1日2粒を摂っている限り、副作用による健康被害はあり得ません。

 

えんきん,副作用

 

では、えんきんの驚くべき効果は、何故?それは、身体に不足していた栄養分が補給されて、栄養不足のために起こっていた問題が解決されたから。

 

そして、えんきんの主な成分、アスタキサンチンにルテイン、DHA、シアニジン-3-グルコシドは、有害な光から目を保護する成分、視力回復や老化を防ぐ抗酸化の効能に優れていて、食事より効率的に吸収されるように作られているからです。

 

えんきん,副作用

 

えんきんに副作用はありませんが、摂取にはいくつか注意点があります。

  • 一度に大量に摂れば反って害になります。用量は守りましょう。
  • 血液をサラサラにする医薬品やサプリメントを服用する場合は、念のため主治医と相談しましょう。
  • 大豆アレルギーがある方は摂取できません。
  • 妊娠・授乳中の方、未成年の方は摂取できません。

えんきんの副作用や安全性、効果などについては臨床試験済みで消費者庁に届け出ています。
えんきんの1日分として摂取する成分量は少量で、医薬品やサプリメントとの相互関与の危険性はないが、抗血液凝固剤だけは飲み合わせに注意が必要ということです。


ファンケルのえんきん



えんきん,副作用